豊田通商は、イスラエルのスアートアップ企業・ユーブイアイ(UVeye)の第三者割当増資に参加した(ニュースリリース)。UVeyeは人工知能(AI)を活用した画像解析による車両検査サービスを提供している。同社の製品とサービスの販売権を取得し、自動車業界やセキュリティー業界に向けて拡販する。

 UVeyeは、カメラを備えた車両撮影用ユニットと、画像から車両の異常を検知するソフトウエアを開発し、それらを組み合わせて車両下部の検査システムを構築(図)。同システムを使った検査診断サービスを世界70カ所で提供している。

図:UVeyeの自動車車両下部の検査システム
左が車両下部を撮影するユニット、右が画像データから異常を検出・診断するイメージ(出所:豊田通商)
[画像のクリックで拡大表示]

 同システムは、撮影ユニットの上を車両が通過すると、車両下部をスキャンして画像データを取得する。画像データを3Dデータに加工し、あらかじめ深層学習した異常検出エンジンを用いてさびやオイル漏れ、部品の欠落、異物などを検出・識別する。

 車両の通過から数秒で診断結果を出力でき、検査の迅速化と効率向上を図れる。自動化によって検査結果の信頼性が高まるので、車両メンテナンスでの活用や、重要施設へ入構する際のセキュリティー検査への適用も可能とする。

 自動車の外観検査は目視が一般的で、検査員によってバラツキや見落としが生じる恐れがある。加えて、労働人口の減少に伴い検査員のなり手の減少が予想されるため、車両検査の効率化と省人化ニーズ高まりが見込まれる。

 UVeyeはは資本金3500万米ドルで、従業員数は100人。現在、車両下部だけでなくボディーやタイヤなどを含む車両全体を1度に検査するシステムも開発中という。

 豊田通商はUVeyeのサービスを、100%子会社で自動車向け純正部品・用品の開発と営業を手がける豊通オートモーティブクリエーション(本社名古屋市)と共同で拡販する。併せて、自動車業界以外に向けた新たな検査サービスをUVeyeと共同開発する計画だ。なお、豊田通商は今回の出資を、社内ファンド「ネクストテクノロジーファンド」の案件として実施した。