シチズンマシナリー(本社長野県・御代田町)は、高生産性と変種変量生産の両立をうたうCNC自動旋盤「MC20」を増産する(図、ニュースリリース)。2019年6月末までに、生産を本社軽井沢工場(御代田町)から佐久事業所(長野県佐久市)へ移管し、組み立てエリアを拡大。2021年度に年間100台の生産を目指す。

図:「MC20」
(出所:シチズンマシナリー)
[画像のクリックで拡大表示]

 MC20は、旋盤機構の加工モジュールを3~4台搭載し、その組み合わせによって様々な加工工程に対応する同社の自動旋盤の旗艦機種(関連記事)。従来の2主軸の自動旋盤に比べて生産性が高い上に、変種変量生産にも対応しやすいのに加え、単工程を連結した生産ラインと比較すると、移設や生産品種の変更が容易とする。

 自動車業界などからの受注が増えており、販売先の規模も大手から中堅まで広がっているという。複数台をつないだ設備レイアウトも増加していることから、同社はMC20の増産体制を取る。

 併せて、チャッカー型のCNC自動旋盤「GN」シリーズの生産も佐久事業所に移す。本社軽井沢工場では今後、主軸台移動型のCNC自動旋盤「Cincom」ブランドの製品を増産する予定だ。