リコーと米エリクサジェン・サイエンティフィックは、iPS細胞(人工多能性幹細胞)から分化させた細胞を用いた創薬(新薬開発)支援のバイオメディカル共同事業を行うことで合意した。両社はこの共同事業を、2025年度までに売上高200億円の事業に成長させることを計画している。

 リコーはエリクサジェン・サイエンティフィックに出資し、34.5%の株式を保有しながら北米を中心に事業を開始する。iPS細胞由来の細胞製造販売と、細胞を播種(はしゅ)した細胞チップの製造販売、受託評価サービスによる新薬開発支援などの創薬事業を拡大し、iPS細胞を用いた革新的な創薬の実現を目指す。

 エリクサジェン・サイエンティフィックは、iPS細胞やES細胞(胚性幹細胞)をさまざまな細胞へと分化誘導できる独自のQuick-Tissue技術を有している。この技術によってiPS細胞やES細胞から直接、高効率かつ均質な細胞分化を10日以内で実現する。この分化誘導技術によって作製した細胞は、成熟な細胞に近い機能や反応を示すとともに、疾患iPS細胞から分化された細胞では疾患特有の表現型を示すことがこれまでに分かっている。

リコーが有するバイオプリンティング技術を組み合わせる(出所:リコー)
[画像のクリックで拡大表示]

 リコーは40年以上培ったインクジェット技術を応用し、細胞を高い生存率で、1個単位で精密に配置できるバイオプリンティング技術を有している。両社の技術を組み合わせることで、例えば複数人のiPS細胞由来の細胞をワンチップ化した細胞チップを高効率で製造可能になる。

 この細胞チップを用いると、臨床試験を行う前に複数の人に対する薬剤の効果を一度に検査できることが期待される。新薬の開発において、候補薬の選別(スクリーニング)の精度を向上できるため、創薬プロセス全体での効率向上も見込まれる。