米GM(General Motors)は2019年6月12日、大型ピックアップトラックの生産を拡大するため、ミシガン州フリントにあるトラック組立工場に1億5000万ドルを投資すると発表した。新型「Chevrolet Silverado」と「GMC Sierra」の生産を増やす。

(写真:GM)
[画像のクリックで拡大表示]

 新たな投資により生産ラインのコンベアーや生産ツールを増やす。この作業は2020年前半に完了する予定。同工場は現在3交代制で稼働している。生産拡大により2019年中に1000人が新規雇用され、同工場の従業員は5000人になる。

 同社は5月にインディアナ州のフォートウェイン工場でも、小型ピックアップトラックの生産拡大を発表している。フォートウェイン工場とフリント工場への投資は、成長しているライトトラック事業を強化するという同社の戦略に沿ったもの。新型Silverado 1500とSierra 1500の2019年第1四半期の販売は、前年比20%増と好調である。GMは第2四半期に、もう1車種の新型ピックアップトラックを追加する予定という。