スウェーデン・ボルボ(Volvo Cars)と米ウーバー(Uber Advanced Technologies Group)は2019年6月12日、共同開発した完全自動運転車の量産車を発表した。両社は2016年に共同エンジニアリング契約を締結し、自動運転車の開発を進めてきた。

(写真:Volvo)
[画像のクリックで拡大表示]

 この自動運転車の量産車はVolvoのSUV「XC90」をベースとし、Uberの自動運転システムを組み合わせたもの。完全自動運転が可能な初の量産車となる。ベース車両には、Uberの自動運転システムを容易に組み込めるよう、安全機能が搭載されており、Uberの自動運転車シェアリングサービス網への展開が可能になる。

 この量産車の特徴は、ステアリングとブレーキのバックアップシステムとバックアップ電源を搭載していることである。何らかの理由でシステムが故障した場合、バックアップシステムが即座に自動車を停止できるように設計した。このバックアップシステムに加えて、車両の上に搭載したセンサー群により都市部の環境でも安全に走行できるように設計したという。

(写真:Volvo)
[画像のクリックで拡大表示]

 Volvoは、Uberの自動運転システムとは別に、自前の自動運転機能の開発も進めている。この技術は、高速道路や環状道路などの自動車専用道で自動運転が可能になるように設計したもの。Volvoの最新プラットフォームである「SPA2」を使った次世代モデルに導入する予定で、2020年代初頭の導入を目指している。Volvoは、2020年代の半ばまでに同社が販売する自動車の1/3が完全自動運転車になると予想する。