PC作業を自動化するRPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)ツールベンダー、UiPathは2019年6月13日、PC作業を可視化する業務分析サービス「RPAスカウトサービス」の提供を始めたと発表した。欧州SAPのERP(統合基幹業務システム)パッケージを採用した業務システムを対象に分析する。

「RPAスカウトサービス」の説明スライド
(出所:UiPath)
[画像のクリックで拡大表示]

 具体的には業務システムのログデータに着目。UiPathが企業のログデータを基に業務プロセスを可視化したうえで、どんなPC作業にどれくらいの時間がかかっているかなどをレポートにまとめる。分析にはドイツのITベンダー、セロニスのプロセスマイニング技術を活用する。

UiPathの末廣満クライアントソリューション本部Business Consulting Teamコンサルタント
[画像のクリックで拡大表示]

 UiPathの末廣満クライアントソリューション本部Business Consulting Teamコンサルタントは「RPAの導入を目指す企業の担当者はどんな業務に適用すれば高い効果が得られるかが分からないことに悩んでいる。新サービスでRPAの適用領域を効率的に見極められる」と説明する。サービス料金は税別で150万円程度からである。