東京大学大学院情報学環中尾研究室、オプテージ、シャープの3者は2019年6月12日、次世代移動体サービスに関する通信ネットワークのセキュリティー高度化などに向けた実証実験を2019年8月に開始すると発表した。

 東京大学大学院情報学環が開発したSDN(Software-Defined Networking)とNFV(Network Functions Virtualization)に対応したプログラマブル・ネットワーク・ノード「FLARE」をオプテージが提供する携帯電話サービス「mineo」のネットワーク上に構築する。端末には、シャープが開発した「FLARE」への接続モジュールを実装したスマホを利用する。

図●実証実験のイメージ
(発表資料から)
[画像のクリックで拡大表示]

 この実証実験では、端末から送られる通信パケットに実験用のタグを付与し、タグ情報を元とした端末やアプリケーション毎のトラフィック、通信パターンなどをAIが学習する。これにより、トラフィックの内容識別、分類を行う。

 3者は5G(第5世代移動通信システム)を見据えて、高度なセキュリティサービスの実現やユーザー体験の向上など、付加価値の高い移動体通信サービスに必要な技術の実現性を検証する。

 mineoなどのモバイルネットワークは、AIを用いた将来のネットワークインフラにより、例えばスマホの利用において、予想しないトラフィックが発生したことを即座に検知し、事前に自動的にブロックするなど、セキュリティー対策がされていない利用者に対して、安全なネットワークやサービスを提供することが可能となるという。