ドワンゴは2019年5月28日に記者向け説明会を開き、同社が運営する動画サービス「niconico」のサービスの1つである「ニコニコチャンネル」の月額有料会員数が100万人に達したと発表した。

 2018年度(2019年3月期)に会員数は30万人増え、97万人となった。2018年度の増加数は過去最高。その後も会員数が増え、2019年4月25日時点で100万人に達した。

「ニコニコチャンネル」の月額有料会員数の推移
(出所:ドワンゴ)
[画像のクリックで拡大表示]

 「この時期はniconicoは衰退してきているのではないかと言われていたが、全然そんなことはない」。夏野剛社長はこうアピールした。

ドワンゴの夏野剛社長
[画像のクリックで拡大表示]

 同社は記者発表会で、会員とチャンネル運営者がより快適にサービスを利用できるように、機能の追加や改善に随時取り組んでいるとも発表した。直近ではniconicoのトップページに当日の「おすすめチャンネル」を表示する機能を2019年5月22日に実装した。

 2019年6月3日にはチャンネルの生放送で、視聴者である会員がアイテムを贈ることで配信者を支援できる「ギフト機能」をリリースする。ドワンゴは「コミュニティーの活性化と収益性の向上が見込まれる」としている。

 さらに運営者向けに、各チャンネルページの来訪者動向を定量的に把握できるマーケティングデータの提供開始を予定する。コンテンツ戦略を立てやすくするなどして、チャンネル運営のサポートを強化する。

マーケティングデータ提供のイメージ
(出所:ドワンゴ)
[画像のクリックで拡大表示]