東京大学は2019年5月27日、横須賀市の私立三浦学苑高等学校で行なっているEdTechの実証実験を公開した。学生は授業を受けている間、頭にセンサーを取り付けて脳血流や脈拍、姿勢を計測。教師は血流や脈拍が上がるなどの反応の良しあしを見て、授業内容に反映して改善できる方法を探る。

学生の頭にセンサーを取り付けて授業中の脳の活動具合を計測する
[画像のクリックで拡大表示]

 同実験を主導する東京大学総合文化研究科の開一夫教授は、「これまで教え方がうまいという先生の評判や、授業が分かったという学生の印象はあいまいだったが、認知脳科学の見地からメカニズムを明らかにして、効果的な授業のやり方を見つけることが目的」と説明する。同じ問題を解いて正解しても、血流量が少ない学生は問題を余裕を持って解いていると判断して、さらに難しい問題に取り組ませるなど、改善を図れる可能性があるという。

脳の活動具合をリアルタイムで色別に表示。先生は授業の理解の度合いの参考にする
[画像のクリックで拡大表示]

 公開された現代社会の授業では、教師が課題を出して考えたり、ノートを取らせたりするたびに脳血流などの数値が上がっていた。授業に出ていた学生は、「集中してノートを取れているときに、数値をみた先生から『集中していていいよ』と褒められてうれしかった」「最初は驚いたが、この実験で先生の教え方がうまくなるなど、効果の高い学習ができる方法が見つかれば自分も早く賢くなれていいなと思う」など、前向きにとらえているという。

実証実験を主導する東京大学総合文化研究科の開一夫教授(左)
[画像のクリックで拡大表示]

 実証実験は政府の戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)に採択されたもの。東京大学と三浦学苑高等学校、横須賀市、センサーの開発会社NeU(ニュー)が協力して実施する。期間は2019年4月から22年3月末までの4年間を予定している。