英国の通信事業者であるEEは2019年5月22日、英国での商用5Gサービスを同年5月30日から開始すると発表した(EEのニュースリリース)。米Qualcomm(クアルコム)も今回のサービスにSnapdragon 855、Snapdragon X50 5Gモデム、RFトランシーバー、RFフロントエンド搭載の中国OnePlus、OPPO、韓国LG Electronics製5Gスマートフォン「V50 ThinQ」、Snapdragon X50 5Gモデム搭載の台湾HTC Corporation製5Gスマートハブが対応するとして、同社のニュースリリースで紹介している(Qualcommのニュースリリース)。

出所:EE
[画像のクリックで拡大表示]

 2019年5月30日にサービスを開始するのは、ロンドン、カーディフ、エディンバラ、ベルファスト、バーミンガム、マンチェスターの全英6都市。EEでは、同年末までには、さらに10都市(グラスゴー、ニューカッスル、リバプール、リーズ、ハル、シェフィールド、ノッティンガム、レスター、コベントリー、ブリストル)、2020年内には、アバディーン、ケンブリッジ、ダービー、グロスター、ピーターバラ、プリマス、ポーツマス、サウサンプトン、ウスター、ウォルバーハンプトンでも提供したいとしている。

出所:EE
[画像のクリックで拡大表示]