インターネットイニシアティブ(IIJ)は、ICTプラットフォーム「IIJ電子@連絡帳サービス」において、新たなコミュニケーションツール「ここのーと」を開発し、自治体や施設向けに2019年5月22日に提供を開始した。価格は月額税別5万円(1行政当たり)。

「ここのーと」のサービスイメージ(出所:インターネットイニシアティブ)
[画像のクリックで拡大表示]

 「ここのーと」は、患者や家族がスマートフォンやタブレット端末を使って専門職と情報を共有できるコミュニケーションツールである。患者や家族は在宅療養のくらしの記録を専門職と直接共有できるようになり、専門職は個々の在宅生活を参考にし、より適切な在宅療養の支援を実施できるようになる。

 情報共有は専門職全員または個別の1対1に対応し、画面上の操作で簡単に使い分けられる。個別相談に際しては、プライバシーを守ったやり取りとして文字だけでなく写真や動画も利用でき、具体的な体の変化などを記録し、伝えることができる。

 患者の家族が専門職と情報共有したい場合は、家族向けのアカウントを作成することで、患者本人と分けた情報共有が可能になる。その他、医師は「ここのーと」を通じて患者や家族から寄せられる情報(文字、写真、動画)を、遠隔診療の参考情報として活用できる。

 IIJは2017年4月から、在宅医療の支援に係る専門職(医師、看護師、薬剤師、介護ヘルパー、ケアマネジャーなど)が、在宅医療を受けている高齢者や小児、児童などの患者情報を共有するプラットフォームとして「IIJ電子@連絡帳サービス」を提供している。

 2018年からは、「IIJ電子@連絡帳サービス」を導入する各地域の地域包括ケアシステム推進協議会の運営支援を実施しており、その過程で在宅医療を選ぶ患者や家族のための「途切れのない医療・介護連携」を実現するソリューションの要望を受けたことから、「ここのーと」を開発した。