ソフトバンクグループは人工知能(AI)研究で知られる東京大学大学院工学系研究科の松尾豊教授を社外取締役に迎える。就任は2019年6月19日付。

 同グループが5月21日に発表した。米ゴールドマン・サックス出身のマーク・シュワルツ社外取締役は6月19日付で退任する。

 松尾豊教授は深層学習(ディープラーニング)を中心とするAI研究の第一人者として知られ、AI人材の育成や産学連携を推進している。深層学習などによる日本の産業競争力の向上を目指す日本ディープラーニング協会の設立を主導し、理事長を務める。

東京大学大学院工学系研究科の松尾豊教授
(撮影:村田 和聡)
[画像のクリックで拡大表示]