華為技術日本(ファーウェイ・ジャパン)は2019年5月21日、都内でスマートフォンの新製品発表会を開いた。NTTドコモが発売する「HUAWEI P30 Pro」やSIMロックフリー版「HUAWEI P30」「HUAWEI P30 lite」などの新製品を披露した(写真1)。

写真1●ファーウェイ・ジャパンが新製品発表会を開催
(撮影:山口 健太、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]

国内で最も売れたAndroidスマホは「P20 lite」

 発表会には呉波(ゴ・ハ)ファーウェイデバイス日本・韓国リージョンプレジデントが登壇(写真2)。グローバルの業績について、「2019年第1四半期に5900万台のスマホを出荷した。米IDCの調査によると世界シェアは19%で、米アップル(Apple)を抑えて2位に上がり、その差を広げた」と話した。多額の開発費を投じていることや、特許件数の多さもアピールした。

写真2●呉波ファーウェイデバイス日本・韓国リージョンプレジデント
[画像のクリックで拡大表示]

 日本市場では、大手キャリア向けを含むスマホ出荷台数でシェア5位(MM総研調べ)、2019年第1四半期はシェア3位(BCN調べ)とした。2018年6月から2019年4月までに最も売れたAndroidスマホは「HUAWEI P20 lite」で、SIMフリー市場やAndroidタブレット市場では引き続き1位を維持したとの実績を挙げた。

 2019年3月にパリで開催したP30シリーズの発表会後に、同製品が海外メディアから高く評価されたことや、「TIPA WORLD AWARDS 2019」のスマホ部門をP30 Proが受賞したことをアピールした。

写真3●世界各国のメディアの評価をアピール
[画像のクリックで拡大表示]

ドコモ版「P30 Pro」とSIMフリー版「P30」を発売

 フラグシップのP30シリーズとしては、NTTドコモが発売する「HUAWEI P30 Pro」と、SIMロックフリー版の「HUAWEI P30」を発表した(写真4)。

写真4●HUAWEI P30
[画像のクリックで拡大表示]

 国内向けは、両モデルともにプロセッサーは「HUAWEI Kirin 980」、メモリーは6ギガバイト、ストレージは128ギガバイトを搭載する。防水防じん性能はP30 ProがIP68、P30はIP53である。P30 ProのみFeliCaを搭載し、「おサイフケータイ」に対応する。