IDC Japanは2019年5月21日、国内AI(人工知能)システムの市場予測を発表した。2018年から2023年までの年間平均成長率は46.4%で、2023年の市場規模は2018年に比べて約7倍となる3578億円と予測した。

IDC Japanが発表した国内AIシステム市場予測
[画像のクリックで拡大表示]

 IDCはAIシステムを「自然言語処理と言語解析を使用して質問に応答する」「機械学習をベースとしたリコメンデーションとディレクションを提供する」などの機能を実現するシステムと定義する。

 2018年の同市場規模は前年比91.4%増の532億円だったと推定。2019年以降はERPやCRM(顧客関係管理)などAI機能を組み込んだアプリケーションが普及しソフトウエアが伸びるほか、それに伴う導入サービスの伸長がAI市場全体をけん引していくとみる。

 IDC Japanの飯坂暢子リサーチマネージャーは2018年までの国内市場について、「AI利用への気運が高まり多くの実証実験が進んだ。しかしAI活用に取り組む企業の多くが自社の状況の可視化や生産性向上、働き方改革など『内部変革』に利用している一方、パートナーや顧客を巻き込んだ『外部変革』については後回しになっている」と指摘した。