化粧品メーカーのポーラは、訪問販売や対面販売などを通じて収集した肌状態に関する約1800万件のビッグデータや店舗網・流通網などの活用に向け、2日間でアイデアの事業化を目指すとするアイデアソン「POLA BUSINESS BUILD」を2019年6月14~15日にTECH PLAY SHIBUYA(東京都渋谷区)で開催する。参加者の応募を特設サイトで受け付けている。締め切りは2019年6月7日。

 パーソルイノベーションが運営するオープンプラットフォームeiiconと共に開催する。募集テーマは3つで、「CUSTOMER EXPERIENCE-感性を刺激する顧客体験-」「TOUCH POINT-感性をくすぐる出会い-」「BEAUTY×〇〇 -新たな感性を呼び起こすコラボレーション-」を掲げる。例として、VRやスマートミラーなどを活用したOMO型(Online Merges with Offline、オンラインとオフラインの融合)の店舗空間やビッグデータを活用した接客体験、1人ひとりのライフスタイルに合わせた美との接点などを挙げる。

 参加は法人でも個人でも可能。最優秀賞のチームには賞金20万円が授与されるほか、670店のサロン型店舗や百貨店カウンター、イベントなどでの実証実験が可能とする。

 なお、参加に向けた事前説明会を2019年5月29日にSPACES大手町ビル(東京都千代田区)で開催する予定で、特設サイトで参加者を募集している。

(図:パーソルイノベーション)
[画像のクリックで拡大表示]