英Vodafone(ボーダフォン)は2019年5月14日、英国での法人向けと一般顧客向け5Gネットワークサービスを、2019年7月3日から全国7都市で提供すると発表した。世界初となる5Gローミングサービスも英国、ドイツ、イタリア、スペインにて提供するとしている(ニュースリリース)。

出所:Vodafone
[画像のクリックで拡大表示]

 英国で公式に5Gサービスを開始するのはVodafoneが初とする。まずは、バーミンガム、ブリストル、カーディフ、グラスゴー、マンチェスター、リバプール、ロンドンの7都市でサービスを始め、同年内にもバーケンヘッド、ブラックプール、ボーンマス、ギルフォード、ニューベリー、ポーツマス、プリマス、レディング、サウザンプトン、ストーク・オン・トレント、ウォリントン、ウォルバーハンプトンの12都市に広げたいとしている。

 法人、個人ともに4Gと同価格での提供となる。サービスの対象となる5Gスマートフォンは、オンラインでもVodafone店頭でも購入可能。最初の対象製品は、次週から発売開始予定。固定回線がなくても家庭や事務所、外出先で高速ブロードバンドアクセスが可能になる5Gルーター「5G Gigacube」も用意する。

出所:Vodafone

 今回のサービス開始に向けて準備された5Gスマホ/ルーターは次の通り。

  • Xiaomi Mi MIX 3 5Gスマートフォン:Vodafoneのオンラインストアと店頭にて2019年5月23日から独占販売開始
出所:Vodafone
  • Samsung S10 5G、Huawei Mate 20X 5Gスマートフォン:2019年5月末から先行予約開始
出所:Vodafone
  • Huawei Mate X 5Gスマートフォン、5Gルーターの5G Gigacube:2019年夏発売開始
出所:Vodafone
出所:Vodafone

  Vodafoneでは来週、上記端末購入価格を含む新サービスプランを発表する予定。これら端末は4G上で使用でき、5Gネットワークサービス開始後、ソフトウエアのアップデートのみで5G対応が完了するものとなっている。

 今回Vodafoneは、マンチェスター、サルフォードのメディアシティーに起業家や開発者向けの技術センターを開設することも発表。ラグビーとネットボールのクラブチーム、ワスプスの本拠地であるリコーアリーナに、最新の5GとIoT技術を駆使した施設を用意する計画も明らかにしている。その他、世界最大のEスポーツ団体ESLの支援を得て、ゲームの分野に5Gを導入する計画も進めるとしている。