三菱UFJニコスは2019年5月15日、石塚啓副社長が2019年6月26日付で社長に昇格する人事を発表した。井上治夫社長は同日付で顧問に就く。2016年に始めた基幹システムの統合計画を抜本的に見直すため。新社長の下、新システムの構築を目指す異例の決断を下した。

 石塚氏は1984年に三和銀行(現三菱UFJ銀行)に入行。常務執行役員営業第二本部長などを経て、2018年に三菱UFJニコス副社長に転じた。

 三菱UFJニコスは2021年の稼働を目指し、約1500億円を投じて、DCカードとMUFGカード、ニコスカードの3つの基幹系システムを統合する計画だった。だが、商品ごとのカスタマイズが想定以上に複雑だったことなどを理由に、統合計画を見直すと決めた。

三菱UFJニコスの本社が入るビル
[画像のクリックで拡大表示]