ソニーは2019年5月15日、AIを活用した映像解析技術によって、リアルタイムにクリエイティブな映像コンテンツ制作を実現する映像制作支援ユニット「Edge Analytics Appliance」(REA-C1000)を発売すると発表した。教育現場や企業、放送局などでの活用を想定する。

 同ユニットには、動体や顔の検知、色や形状の認識など複数の技術を機械学習させたAIエンジンを搭載する。HDMIで接続したカメラの映像を自動的に解析しGPU上で処理を行うことで、映像内の特定の被写体の抜き出しや、それを他の映像と組み合わせてリアルタイムに表示することが可能となる。

 各種アプリケーションのライセンス(別売)を本体にインストールすることで、板書抽出や自動追尾、クロマキーレスCGオーバーレイなどの機能を利用環境やニーズに応じて選択して使用できる。

 アプリケーションとしては、例えば「板書抽出オーバーレイ」「リモートカメラ自動追尾」「クロマキーレスCGオーバーレイ」のほか、「注目エリアクロッピング」「起立者ズームアップ」などを用意する。

図●板書抽出オーバーレイの例
(発表資料から)
[画像のクリックで拡大表示]

 AIエンジンには、ソニーがカメラ開発の過程で蓄積してきた画質パラメーターやPTZ(パン・チルト・ズーム)駆動に関するノウハウを生かしたと説明する。