ゆうちょ銀行やみずほ銀行などで2019年5月7日、インターネットバンキングのアプリやサービスにつながりにくい状況になっていることが分かった。令和への改元に伴う10連休が明け、アクセスが集中した。

 ゆうちょ銀行はWebサイト上に「現在、『ゆうちょダイレクト残高照会アプリ』にアクセスが集中しており、つながりづらい状況です」というお知らせを掲載している。Webブラウザーからアクセスするネットバンキングの「ゆうちょダイレクト」は正常に稼働しているという。みずほ銀行でも「(ネットバンキングの)みずほダイレクトにアクセスが集中し、つながりにくくなっている」(みずほフィナンシャルグループ広報)。

 楽天銀行は2019年5月7日午後1時半時点で、ネットバンキングが利用できなくなっている。Webサイトもつながりにくい状況だ。「システム障害と判断し、アクセス集中によるものか、他の原因によるものかを含めて調査中だ」(楽天銀行総合企画部広報・IRチーム)。

■変更履歴
ゆうちょ銀行の申し入れにより、1、2段落目の一部表現を変更しました。本文は反映済みです。 [2019/05/07 15:50]