求人情報サイト「バイトル」を運営するディップは2019年4月26日、学生起業の社数を大学ごとにまとめたランキングを公開した。1位は東京大学。これに2位の慶応義塾大学、3位の早稲田大学が続いた。4位は立命館大学、5位は近畿大学と筑波大学、立教大学だった。

ディップが大学別にまとめた学生起業マップ
[画像のクリックで拡大表示]

 ここに来て、大学自身が起業を促すプログラムを提供するケースが増えている。14社が起業している東大は「Tech EDGE NEXT」、9社の慶応大は「藤沢イノベーションビレッジ(SFC-IV)」、7社の早大も「WASEDA-EDGE人材育成プログラム」を持っている。

 起業のジャンルごとにまとめると、ランキングの第1位は「BtoB・受託系」で13社、第2位は「メディア」で10社、第3位は「求人」と「研究開発系」が各7社だった。受託系や研究開発が多い理由はAI(人工知能)といった最新技術を売りに起業するケースが多いためとみられる。

 今回の調査は、ディップが持つ学生起業支援プログラム「GAKUcelerator -ガクセラレーター」の運営組織が調査し、承諾を得た企業をまとめたもの。ランキングは学生起業家の認知度向上を狙って公開しているという。