テレビ東京の子会社で通販事業を手掛けるテレビ東京ダイレクトは2019年4月25日、日本空港ビルデングおよび東京国際空港ターミナルと提携し、訪日中国人観光客向けに「免税品のアプリ予約と免税店内受け渡しサービス」を7月に開始すると発表した。

 利用者は中国のメッセージアプリ「WeChat(ウィーチャット)」上のミニプログラム内にオープンする「羽田空港・免税品予約店(仮)」サイトから商品を選び、事前に予約をする。訪日後、帰国便の搭乗前に東京国際空港(羽田空港)の国際線ターミナルの総合免税店「TIAT DUTY FREE SHOP CENTRAL」で、予約した免税品の代金支払いと受け取りを行う。中国をはじめ、台湾・香港などからの訪日客の利用を想定し、WeChatアプリ内サイトでの文字は中国語(簡体字)で表示する。

「羽田空港・免税品予約店(仮)」サイトのイメージ
(出所:テレビ東京ダイレクト、日本空港ビルデング、東京国際空港ターミナル)
[画像のクリックで拡大表示]

 今回のサービスにおいて、テレビ東京ダイレクトはサイト出店企業(メーカー・卸売業者など)の集約を担う。さらに「食」や「旅」に関する通販番組のノウハウを生かし日本各地から商品を調達するほか、羽田空港内の施設を活用した「コト消費」という点でも新たな提案をしていく。販売サイトの中国における宣伝と販促活動も推進する。