資格試験のオンライン学習サイト「資格スクエア」を運営するサイトビジット(東京・千代田)は2019年4月25日、AI(人工知能)で予想した司法試験予備試験の短答式問題を、4月29日から無料公開すると発表した。予想問題は、サイトビジットとAI TOKYO LABが共同開発した試験問題出題予測サービス「未来問」で作成したものである。

 2019年度の司法試験予備試験は5月19日に実施予定。短答式問題は、憲法、行政法、民法、商法、民事訴訟法、刑法、刑事訴訟法の7分野と一般教養科目の中から95問が出題される。未来問では、短答式問題を128のカテゴリーに分類し、出題されそうなカテゴリーを予想。そのカテゴリーから問題を作成した。

 予想には主に2つのAIエンジンを使う。1つは、カテゴリーを分類するエンジン。過去5年分の問題と資格スクエアの予備試験講座テキスト3500ページ、Wikipediaの法律用語などを教師データにして、文章解析エンジンで128カテゴリーに分類した。

未来問の仕組み
(出所:サイトビジット)
[画像のクリックで拡大表示]

 もう1つは、出題されそうなカテゴリーを抽出するAIエンジンだ。128カテゴリーから再帰型ニューラルネットワークのRNN(Recursive Neural Network)のアルゴリズムを使って、今年度の試験に出題されそうなカテゴリーを抽出する。RNNは、過去の時系列データからデータ間の相関関係を計算し、次のデータを予測するアルゴリズムである。

 サイトビジットはRNNを用いたAIエンジンで2018年の宅地建物取引士(宅建士)試験の問題を予想し、出題された問題のカテゴリーを78%的中させた実績がある。2019年度の司法試験予備試験の短答式問題のカテゴリー的中率は60%強を見込む。