みずほフィナンシャルグループ(みずほFG)は2019年4月25日、NTTコミュニケーションズと共同で業務の効率化ツール「音声入力システム」を開発したと発表した。みずほFGの銀行事業子会社であるみずほ銀行が、金融市場での国債売買や資金取引をはじめとする市場バンキング業務で利用を始めている。

 国債売買や資金取引などは市場の慣行上、金額や価格、受渡日などの取引条件を電話で確認することが多い。これまでみずほ銀行では、電話で確認した取引条件を取引成立後に手作業で取引管理システムに入力するオペレーションとしていたが、これを自動化して行員の作業負担を軽減した。

 同システムは主に3つの機能を持つ。具体的には、(1)電話で話した内容を音声認識技術でテキストデータにする、(2)テキストデータから取引管理システムへの入力に必要なデータを抽出する、(3)抽出した入力データを取引管理システムへ自動入力する――である。(1)はNTTグループの人工知能(AI)「corevo」の音声認識エンジンを、(2)はみずほFGの子会社であるみずほ情報総研が開発したテキストマイニングシステムを、(3)はみずほ情報総研のRPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)ツール「LuPa」を、それぞれ活用した。