情報通信研究機構(NICT)は2019年4月23日、トヨタ自動車と協力して自動車関連の法規文を対象としたニューラル自動翻訳の共同研究を実施し、実用度の向上を確認したと発表した。トヨタが自動車法規に関する英日および中日の翻訳データを提供してNICTの翻訳バンクに追加し、すでにトレーニング済みのニューラル翻訳エンジンをさらに調整した。これにより、自動車法規を対象としたニューラル英日翻訳システムで、実用度を24%向上したという。

(出所:情報通信研究機構)
[画像のクリックで拡大表示]

 自動車や自動車部品は、設計、製造、輸出などの各段階で各国が定める安全や環境などの法規要件を満たすことが求められる。頻繁に改定される各国の法規を理解するには、法規の正確な翻訳が必要だ。これまでは人間による翻訳に頼ってきたが、ニューラル翻訳の精度が向上して法規文の自動翻訳が高速化すれば、自動車関連業界の業務効率化が望める。

 NICTは2017年から総務省と連携して、ニューラル翻訳に必要な翻訳データを集積する翻訳バンクを運営してきた。これまで製薬業界など様々な業界からデータ提供を受け、翻訳データの集積、活用を進めている。

 トヨタとは2018年6月から共同研究を進めてきた。自動車法規の自動翻訳エンジンは、調整前と比べて英日翻訳で約24%、中日翻訳では約11%の実用度向上が認められた。これを受けてトヨタは、一層の実用度向上の検討を続けるという。最新版の翻訳精度はNICT の開発した音声翻訳アプリ「VoiceTra」(https://voicetra.nict.go.jp/)や文字ベースの自動翻訳システム「TexTra」(https://mt-auto-minhon-mlt.ucri.jgn-x.jp/)で確認できる。

 今回は英語と中国語から日本語へ一方向に翻訳するだけだったが、今後は双方向化および多言語化を進める計画という。ユーザー向けマニュアルなど自動車関連の多種多様な文献にも対応し、自動車産業全体に応用を拡大し、さらにはほかの広域輸出産業にも拡大を目指すとしている。