日精樹脂工業は、低床化することで作業性と操作性を高めたハイブリッド式立形射出成形機「TWX220RIII25V」の受注を2019年5月1日に開始する(図1)。型締め力は2110kN。自動車・電子部品分野でのインサート成形で多く採用されている「TNX‐RIII」シリーズをベースに、新しい複合式型締め機構を搭載し、低床化した。本体価格は3150万円(税別)。

図1:「TWX220RIII25V」
(出所:日精樹脂工業)
[画像のクリックで拡大表示]

 新機種が採用した複合式型締め機構は、早送りシリンダーと高圧型締めシリンダー、ハーフナット機構から成る。従来は1つの型締めシリンダーが担っていた高速型締めから高圧型締めまでの動作を複合式型締め機構内で分担することで、機構を小型化。金型取り付け面の高さを1000mと、従来機種比で約30%低くできた。これにより、段取り替えやインサート成形におけるワークの配置、製品取り出しの作業がしやすくなる。機械全体の高さも約10%抑えており、設置スペースの制約が少なくなる(図2)。同型締め機構には、作動油量を従来機種から52%減らす効果もあるという。

図2:「TWX220RIII25V」(左)と型締め力2110kNの従来機種(右)の高さの比較
(出所:日精樹脂工業)
[画像のクリックで拡大表示]

 型締め機構の形式は、金型の開閉を油圧ユニットで直接制御する直圧式を採用。温度変化の影響を受けにくく、設定値通りの型締め力を安定して伝達できる。適正な型締め力を設定しやすく、余分な力を金型に掛けずにすむため、金型の損傷を抑えられるという。

 ベッド構造を工夫し、取り出し機や多関節・双腕ロボットといった自動化システムとの連携を容易にした。金型取り付け面の3ステージ化にも対応しやすい。さらに、金型の複雑化や大型化への対応として、ターンテーブルに3本のタイバーシャフトを搭載して大型化したのに加え、型開閉ストロークと最大型開距離を100mm延長している。

 回転盤やエジェクターの動作にはサーボモーターを使用し、サイクルタイムの短縮を図るとともに、スムーズな機械動作と回転停止精度の向上を実現した。これにより、インサート成形時のワークのズレも防げるという。

 15インチ型のカラー液晶タッチパネルを備えるコントローラー「TAC IV」を搭載する。同パネルでは、上下2画面表示として、視認性と操作性を高めた。稼働履歴や成形のモニタリングデータを管理できる他、メンテナンス機能も装備する。標準で日本語と英語、中国語、スペイン語、韓国語、タイ語での表示が可能。小容量微細成形への適用を想定し、制御周期を500μ秒としている。