トヨタ自動車は、同社の販売会社が使用するSalesforceベースの次期営業活動支援システムと、基幹システムをつなぐデータ連携基盤として「DataSpider Cloud」の採用を決定した。2019年4月24日、基盤構築に携わるテラスカイとセゾン情報システムズが発表した。クラウド型のDataSpider Cloudで手早くシステム間連携を実現し、データ活用を深める狙いがある。

トヨタ自動車が導入したデータ連携基盤の概要
(出所:テラスカイ)
[画像のクリックで拡大表示]

 次期営業活動支援システムと基幹システムの連携により、同社は顧客情報の一元化による新たな顧客価値創出、セールスおよびサービススタッフの働き方のデジタル化を推進する。連携基盤は2018年7月より7店でトライアル運用を開始。2019年4月より1年程度をかけて国内280の販売会社に展開する。

 連携基盤の各種データベース(DB)はAWS(Amazon Web Services)上に構築した。DataSpider Cloudは、基幹システム、Salesforce、AWS上のDBを連携する役割を担う。この基盤は販売会社ごとに用意する。テラスカイはAWSやDataSpider Cloudの設定を自動化する仕組みを構築し、各販売会社への基盤の展開を省力化した。

 DataSpider Cloudは、データ連携ツール「Data Spider」を開発・販売するセゾン情報システムズとテラスカイが共同開発したクラウド型のサービス。接続用に各種アダプターを用意し、クラウドやファイル、DBなどをGUIベースのマッピングで比較的簡単に連携できる。