横浜市立大学は2019年4月22日、同大の大学院にデータサイエンス研究科を2020年4月に開設すると発表した。同大は2018年4月にデータサイエンス学部を開設済み。学部に続いて大学院も設置する。データサイエンスを専門にする大学院は滋賀大学に続いて国内2例目だ。

データサイエンス研究科を設置する横浜市立大学金沢八景キャンパス
(出所:横浜市立大学)
[画像のクリックで拡大表示]

 データサイエンス全般を扱う「データサイエンス専攻」と、医療や福祉分野のデータサイエンスに特化した「ヘルスデータサイエンス専攻」の2専攻で構成する。データサイエンス専攻については統計学や機械学習、データの変換・加工、デザイン思考、倫理学などを必修とする。選択科目ではより高度なデータ分析や数理最適化、自然言語処理などを学べる。データ処理関連の科目ではプログラミング言語「Python」も扱う。

 研究科長に就任予定の山中竹春学長補佐(データサイエンス推進担当)医学部臨床統計学教室教授は「データサイエンス人材の育成は社会からのニーズが高い。社会人にも広く門戸を開く」とする。基礎的な内容を学び直す社会人向けの補講も用意する計画だ。学費はどちらの専攻も年額53万5800円。入学金は14万1000円(市内出身者および横浜市立大卒業生)または28万2000円(それ以外)。

 他にない専攻となるヘルスデータサイエンス専攻では、公務員や病院勤務の事務職、医療職の入学を想定している。山中学長補佐は「社会保障関連費は国家予算の30%を占める。高齢化の進展や高額薬剤の登場で、状況はさらに深刻になる。データサイエンスを活用して、効率的な医療を提案できる人材を育成したい」と意気込む。

■変更履歴
山中竹春氏の肩書きを変更しました。 [2019/04/22 20:11]