トヨタ自動車とデンソー、ソフトバンク・ビジョンファンドは2019年4月18日(米国時間)、米ライドシェア大手ウーバーテクノロジーズ(Uber Technologies)の自動運転技術部門である「Advanced Technologies Group(Uber-ATG)」に合計10億ドル(約1120億円)を出資すると発表した。

トヨタ自動車や米ウーバーテクノロジーズなどの幹部が出席した調印式
(出所:トヨタ自動車)
[画像のクリックで拡大表示]

 Uber-ATGを母体として設立する新会社にトヨタとデンソーが合計6億6700万ドル(約7470億円)、ソフトバンク・ビジョンファンドが3億3300万ドル(約3729億円)を出資する。出資は2019年7~9月期をめどに完了する予定である。

 トヨタはライドシェア用の自動運転車両の開発を推進するため、2018年8月にウーバーに5億ドル(約560億円)を出資していた。今回の追加出資によって、ウーバーとの協業を広げて開発を加速し、自動運転ライドシェア車両の量産化とサービス実用化にめどをつける狙い。トヨタは出資とは別に、今後3年間で最大3億ドル(約336億円)の開発費を負担するとしている。