ビデオマーケットは2019年4月16日、コンテンツホルダーが自社の映像コンテンツをインターネット上で直接販売・レンタルできる映像配信プラットフォーム「MIRAIL(ミレール)」の提供を同日に開始したと発表した。

 MIRAILは、映画・音楽・アニメ・放送番組などの全てのコンテンツに関わる消費者の利益と事業者の発展を目的とする任意団体であるジャパン・コンテンツ・グループ(JCG)がサポートする唯一の公式サービス。業界共通の直営配信プラットフォームとして展開する。JCG加盟企業のうち16社が参加し、約1200タイトルの配信が始まった。

 作品公式サイトやコンテンツホルダーの自社サイトから直接ユーザーにコンテンツを販売・レンタルする機能を実現した。これにより作品に興味を持つユーザーに直接コンテンツホルダーが提供することが可能になった。

 コンテンツホルダーは、MIRAIL専用の管理画面を通じ配信システムに動画コンテンツのメタ情報を入力することで、コンテンツの公式サイトやコンテンツホルダーの自社サイトに「購入ボタン」を表示させたり、簡便にユーザーに対する直接販売を始めることができる。作品編成や配信期間、販売価格はコンテンツホルダーが自由に設定できる。

 MIRAILはコンテンツホルダーと連携を深め、自社配信向け独自コンテンツや作品の最速配信など直営ならではの強みを生かしたプラットフォームとして新たなコンテンツ流通の仕組みの構築を目指す。

 コンテンツホルダーによる直営映像配信サービスと銘打ったサービスとしては、2015年に「ボノボ」(運営はパケットビデオ・ジャパン、既に解散)がスタートしたが、2017年に終了している。

 JCG会長の岡田裕介氏(東映のグループ会長)は、「ボノボのサービス終了から約2年を経て、JCGがサポートする新たな映像配信プラットフォームのリリースを迎えることになった。ボノボでの経験値を生かし、コンテンツホルダーとユーザーをつなぐ進化した直営型映像配信サービスを実現する機能を提供する。コンテンツホルダーは独自の編成・ウィンドウ・料金を設定し、自由な映像配信サービスを運営することが可能となる。大手プラットフォーマーに依存しない形の新しい映像配信の可能性が広がることを期待する」といった内容のエンドースメントを発表した。