みずほ銀行は2019年4月16日、傘下のみずほ第一フィナンシャルテクノロジー(東京・千代田)らと共同でAI(人工知能)を使った中小企業向けの融資サービスを始めると発表した。利用企業の担当者はパソコンやスマートフォンを使い、非対面で申込みや借り入れの手続きができる。

左から、みずほ第一フィナンシャルテクノロジーの大島周社長、みずほ銀行リテール・事業法人部門共同部門長の飯島弘行常務執行役員、クレジットエンジンの内山誓一郎CEO
[画像のクリックで拡大表示]

 サービスの名称は「みずほスマートビジネスローン」で、2019年5月に提供を始める。サービス提供に当たっては、みずほ第一フィナンシャルテクノロジーのほか金融機関向けに技術提供を担うクレジットエンジン(東京・港)とも協業する。

 利用企業がみずほ銀行に持つ口座における取引履歴データをAIが分析して与信する。クラウド会計ソフトを使っている企業は同ソフトの利用履歴データを提供して与信に生かすこともできる。審査申込から最短2営業日での借り入れが可能で、決算書を提出する必要はない。利用企業は融資申込に必要な資料を作る手間を省ける。

 現在みずほ銀行は行員による対面の融資が主流で、融資対象は主に年商10億円以上の企業が中心だ。しかし近年、事業が急速に成長していく中小企業も増えているため、新サービスを通じて非対面で年商10億円未満の企業にも融資できるようにしていく。新サービスで今後3年間で1万社に融資することを目指す。