プロトラブズ(本社神奈川県座間市)は、射出成形サービスを拡充した。日本エッチング(本社東京)の番手指定による「特殊シボ加工」に対応する他、オプションで「反り解析」を用意した。反り解析サービスについては、無料で利用できる。

 同社が提供している樹脂成形向けの2種類のブラスト表面仕上げに加えて、日本エッチングの番手指定による特殊シボ加工に対応した(図1)。シボ加工によって触ったときの感触を向上させられる上、滑り止め、ヒケ・ウェルドラインを目立たなくする効果も得られる。

図1:「特殊シボ加工」の加工例
(出所:プロトラブズ)
[画像のクリックで拡大表示]

 反り解析は、射出成形時に発生しやすい反りを予測し、発生箇所・程度を色や数値で見える化する(図2)。ゲートの位置や樹脂の種類を変えた比較シミュレーションも可能だ。同サービスを利用して、設計段階で反りへの対策を講じることで、ユーザーは手戻りの低減とコスト削減を図れる。

図2:「反り解析サービス」のイメージ
(出所:プロトラブズ)
[画像のクリックで拡大表示]

 プロトラブズは新サービスを「第4回 名古屋 設計・製造ソリューション展」(2019年4月17~19日、ポートメッセ名古屋)と「第7回 関西 高機能プラスチック展」(同年5月22~24日、インテックス大阪)で紹介する。