NTTデータは2019年4月12日、ドイツ子会社で欧州SAP製品の導入コンサルティングなどを手掛けるアイテリジェンス(itelligence)が、英国でEC(電子商取引)ビジネスを手掛けるウィーバビリティ(Weaveability)が発行する株式総数の過半数を譲り受けたと発表した。英国や欧州におけるSAP関連ビジネスの拡大が狙い。

 2日前の10日に最終合意し、同日に譲渡も完了。買収額は10億円前後とみられる。

 ウィーバビリティはSAPが提供するERP製品の導入ノウハウや、CRM(顧客関係管理)システム「SAP C/4HANA」を使ったEC関連のシステム開発などで実績がある。アイテリジェンスは2018年8月に同じくドイツでSAP関連のビジネスを手掛けるサイビット(Sybit)を買収している。