LINEは2019年4月11日、ライブ配信アプリ「LINE LIVE」に新機能を追加すると発表した。新機能は、スマホ画面を視聴者に配信する「スクリーン配信」、LINE主催のクイズイベント「LIVE Q」、有料のライブ配信機能の3つ。スクリーン配信とLIVE Qは同日に機能を追加し、有料配信は2019年春から一部配信者が利用できるようになる。

 LINE LIVEは、スマートフォンを用いてライブ映像を配信・視聴できるサービス。LINEは今回、ゲームのプレー状況をスクリーン配信したり、クイズイベントを開いたりする機能を追加し、配信者がファンを獲得しやすくなるようにした。

 一般的なライブ配信では、途中参加した視聴者がライブ配信の話題についていけないことがある。そこでLIVE Qのようなクイズイベントを提供し、クイズの設問ごとに話題を提供して視聴者が楽しみやすい環境を作り出す。「米国でクイズ配信が流行っている」(LINE)という背景もある。

LIVE Qの概要
[画像のクリックで拡大表示]

 スクリーン配信機能はゲーム実況やアプリ紹介などの用途を想定し、スマートフォンやタブレット端末の画面を容易に配信できるようにした。まずはiPhone向けに同機能の提供を始める。

スクリーン配信機能の概要
[画像のクリックで拡大表示]
■訂正履歴
記事公開当初、「従量課金制のライブ配信」としていたのは「有料のライブ配信機能」の誤りでした。お詫びして訂正します。本文は修正済みです。[2019/4/12 00:45]