人気アニメシリーズ「ラブライブ!」の公式サイトが正常に表示できない状態になっていることが分かった。異常は4月5日未明からと見られ、「ラブライブは我々が頂いた!」とのテキストが表示され、一定時間で別のゲームのサイトに誘導されるようになっていた。4月5日12時現在はサイトに接続できず、表示できない状態になっている。

 第三者が公式サイトのドメイン名の管理を自らに移転し、制作したページを表示させているとみられる。公式サイトのURL「lovelive-anime.jp」の所有者を日本レジストリサービス(JPRS)の「WHOIS」で調べると、現在の所有者が「上野かほ」なる人物となっている。異常が発生したサイトには「我々の方法は、移管オファーを行い元所有者が移管オファーを承認しただけだった。元所有者はこれだけであっさりと、ラブライブ!を我々へと移管してしまった」と手口を思わせる内容が書き込まれていた。

 運営元の公式Twitterアカウントでは、「ページ内容を改ざんされるトラブルが報告されています。現在原因究明中ですが、閲覧者に悪意のある仕掛けを施されてしまう可能性がありますので、無闇なアクセスはお控え頂ますようお願いします」とサイトにアクセスしないよう呼びかけている。

注意喚起をする公式Twitter
[画像のクリックで拡大表示]