小田急電鉄と経路検索システムのヴァル研究所は2019年4月4日、MaaS(モビリティー・アズ・ア・サービス)のためのデータ基盤「MaaS Japan(仮称)」を共同開発すると発表した。新基盤に鉄道・バス・タクシー・カーシェア・バイクシェアなど複数の交通手段の運行情報や運賃・電子チケットデータなどを集約し、これらを統合した移動サービスを提供しやすい環境を整備する。

小田急新宿駅に停車する特急ロマンスカー
[画像のクリックで拡大表示]

 小田急は2019年末までに箱根エリアと新百合ヶ丘・町田エリアで、複数の交通手段を統合したMaaSサービスの実証実験を始めると発表している。ここで新しいデータ基盤を活用する。グループ企業の路線バス大手、神奈川中央交通などの交通事業者や、商業・観光施設の情報も新基盤で管理できるようにする。他の交通事業者や地方自治体などにも、MaaS Japanの利用を呼びかける。

「MaaS Japan」の概要
(出所:小田急電鉄)
[画像のクリックで拡大表示]

 交通事業者は少子高齢化時代の新規事業としてMaaSを重視している。小田急以外ではデータ基盤として外部システムを採用するケースが多く、自らシステム開発に乗り出すのは珍しい。乗客の動向を熟知した小田急が自らシステムを手掛けることで使い勝手を良くし、新しいMaaSサービスを早期に浸透させる狙いがある。