新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)と日産自動車、兼松は2019年4月3日、米国カリフォルニア州に「CHAdeMO(チャデモ)」規格による出力100kWの超高速充電器1基を導入し、運用を開始したと発表した。従来の2倍の出力で充電できるため充電時間を短縮できる。

出力100kWのEV用超高速充電器
(写真:日産自動車)
[画像のクリックで拡大表示]

 併せてスマートフォンアプリ「DRIVEtheARC」に充電ステーションでの充電予約機能を追加した。特定のステーションで事前予約できることから、利用者が充電するタイミングを計画でき、混雑を緩和できる。また、予約から利用までのドライバーの行動を分析することで、EVの快適な利用環境と利用距離延伸の可能性を探る。

スマホアプリで利用時間を予約
(写真:日産自動車)
[画像のクリックで拡大表示]

 カリフォルニア州は2030年までに500万台のEV普及を目標とし、自動車メーカーに一定比率の電動車販売を義務付けているほか、EV利用者には優先レーンの通行許可などの優遇措置を実施している。米国内では自家用EVの販売台数が多いが、EVは充電インフラが整備されている都市部での近距離移動を主とする限定的な使われ方をしている。

 そのため、日産と兼松は、EVの利用頻度向上と行動範囲拡大を目指すNEDOのプロジェクトとして、2015年から急速充電網の整備とリアルタイム情報サービスを提供する実証事業に取り組んでいる。2017年にはモントレーからレイクタホまでの約530km区間内に25カ所のEV用急速充電器(50kW)55基を設置した。今後、EVの車載電池が大容量化していくため、出力が大きい超高速充電器を設置することになった。5月にCHAdeMO規格対応の超高速充電器をもう1基増やす予定。今後、さらに出力の増強も視野に入れているという。