パソコン搭載カメラで非接触に従業員のストレスを測定

オフィスに緑を取り入れるパソナの「COMORE BIZ」に導入へ

2019/03/29 18:00
伊藤 瑳恵=日経デジタルヘルス

 視界に占める植物の割合である緑視率が10~15%のとき、人の感じるストレスは軽減する――。そんなエビデンスに基づいてオフィスをデザインするのが、パソナ・パナソニック ビジネスサービスの健康経営ソリューション「COMORE BIZ(コモレビズ)」である(関連記事)。オフィスを自然環境に近付けるというコンセプトで2017年6月から提供している。

植物を設置したオフィスのイメージ
クリックすると拡大した画像が開きます

 同社は2019年3月29日、コモレビズに非接触でバイタルデータを測定できる技術を導入した新サービスを同年4月1日に提供開始すると発表した。

パソコン搭載カメラでバイタルデータのセンシングを行っている様子
クリックすると拡大した画像が開きます

 今回導入するのは、パナソニック コネクティッドソリューションズ社が手掛ける「非接触バイタルセンシング」の技術である。従業員のパソコンに搭載されているカメラまたは外付けのUSBカメラを使って、脈拍と心拍、ストレス(疲労度)を測定できる。

 具体的には、血液が光を吸収する性質を使って、カメラで撮影した顔の映像から肌の色の変化をセンシングすることで脈波や心拍レベルを推定する。疲労度は、心拍のゆらぎを使って自律神経の働きを分析することで測定する。疲労度の測定方法は、疲労科学研究所が監修した。

肌の色から脈波や心拍が測定できる原理。心臓の収縮によって血管の容量が変化し、光の反射量が変化するため、脈波や心拍を推定できる
クリックすると拡大した画像が開きます

 従業員は自身のストレス状況や心拍レベルをWebアプリで閲覧できる。各企業の管理部門は、(1)全従業員のストレス状況、(2)効果測定レポート、(3)疲労度レポート、を閲覧でき、健康経営に役立てられる。

 新サービスは、従業員1人当たり初期費用1万円(税抜)、月額500円(税抜)で利用できる。管理部門向けのレポート利用料は法人1社当たり月額3万円(税抜)だ。2019年度は、30社以上に導入することを目指す。

お知らせ

ピックアップPR

もっと見る

記事ランキング