富士通は顧客に寄り添ってきた半面、顧客に提案できない弱みがあると時田次期社長は話していた。この課題を乗り越える秘策はあるか。

時田氏 秘策があるのならば、私が教えてもらいたい(笑)。

 日本市場のSI事業に限れば、トラブルが続くとSEの思考はネガティブになりがちだ。お客様の言う通りのシステムを構築することだけで、トラブルのリスクを減らそうとする。

 もちろん、そうではないSEもたくさんいるが、一部にそういう風潮が起こると、自らお客様をリードするメンタリティーが生まれにくくなる。提案活動を阻害する要因の1つといえるだろう。

 もう1つ。我々が若いころは、ハード、ミドル、ネットワークなど全て富士通製でそろえることにプライドを感じており、そのことがお客様のためになると考えていた。

 今は、自前主義ではできない。お客様は富士通製でそろえるかどうかよりも、スピードを求めているかもしれない。さまざまなニーズに応えるには、外部の力を使わなければいけない。

 富士通のSEは外部企業と協業することが意外と得意ではない。もちろん、多くのSEが海外ベンダーのプラットフォームやパッケージを使ってビジネスをしているが、残念ながらそうではないSEも少なくない。これが正直な感想だ。

 こうしたメンタリティーを変え、より外部の力を活用すべきだ。この点については私の口から後進に伝えていく。

田中社長がやり残したことは。

田中氏 人材を適材適所に配置するプロジェクトを進めてきた。だが、さらにグループ会社を含めてシナジーが生まれるように最適な組織形態を求めていきたい。今後も会長として助言していく。

グローバル事業でのライバルはどこか。GAFAになるのか。それとも企業向けのサービスを提供するIT企業か。

時田氏 ハードからサービスに収益構造を変えていくためにはデジタル技術の活用が避けて通れない。GAFAと真っ向勝負するかは別にして、お客様ですら競合になり得る時代だ。どこか特定の企業を想定した戦略を立てられないし、立てることはしない。

自前主義でソリューションを提供したときの付加価値と、外部企業と協業して作る付加価値は異なるはずだ。後者の場合、富士通の付加価値は何になるのか。

時田氏 プラットフォームやアプリケーション、サービスなど単体でビジネスが成立する時代ではない。それらを統合するプロセスが必要であり、富士通の強みはインテグレーションだ。この強みを生かす。

クラウド時代に備えた人材育成の方針は。

時田氏 人材育成はサービスオリエンテッドカンパニーを目指す上で一番大きな課題と考えている。特に、海外のテクノロジーをいち早く取り入れることのできる人材を育成していきたい。