福島県いわき市、東日本旅客鉄道(JR東日本)、タイムズ24、常磐興産の4者は2019年3月27日から、いわき市内で「カーシェアリング官民共創実証事業」を始めた。鉄道とカーシェアを組み合わせた移動を促し、地域活性化につなげる。事業期間は4年。

福島県いわき市のJRいわき駅前に設置したタイムズ24のカーシェア拠点
(出所:タイムズ24)
[画像のクリックで拡大表示]

 市内のJRいわき駅と湯本駅、常磐興産が運営するリゾート施設「スパリゾートハワイアンズ」の3カ所に、タイムズ24のカーシェア拠点を設置し、来訪者の交通利便性の向上を図る。いわき市の職員が移動する際の公用車としてもカーシェアを活用する。

 さらに首都圏からSuicaでJR常磐線を利用していわき駅・湯本駅で下車した場合、Suicaカードをカーシェア車両のICカードリーダーにタッチすれば、履歴を確認して自動的に優待料金を適用する。カーシェアを利用して「アクアマリンふくしま」「石炭・化石館(ほるる)」など15施設へ移動し、30分以上駐車した場合に、次回以降利用できるカーシェアの電子割引券を提供する。