「PTCはCADとPLM(Product Lifecycle Management)の会社というイメージがあるかもしれないが、もうすぐIoT(インターネット・オブ・シングズ)とAR(拡張現実)の会社と呼べるようになる」。米PTCのジェームス・E・ヘプルマン社長兼最高経営責任者(CEO)は2019年3月26日、PTCジャパンが開催した説明会でこう話した。

 同社はCADソフト「Creo」とPLMソフト「Windchill」の2本柱で事業を展開してきた。現在、IoT向けソフト「ThingWorx」、AR関連ソフト「Vuforia」が急成長しているという。ヘプルマン社長兼CEOは「ThingWorxの売り上げは2019年にPLMを超え、2020年にはCADよりも大きくなる。2016年終わりに販売を開始したAR関連ソフトも、高い成長率で売り上げを伸ばしている」と言う。

米PTCのジェームス・E・ヘプルマン社長兼最高経営責任者(CEO)
[画像のクリックで拡大表示]
PTCのソフトウエア製品の売り上げ推移と今後の計画
(出所:PTCジャパン)
[画像のクリックで拡大表示]

 同社は各ソフトウエアを連携させた使い方を提案し、さらなる成長率の向上を目指す。フォーカスするのは(1)製品やサービスの差異化、(2)設計や製造プロセスの改善、(3)作業員の生産性と品質向上といった3領域での顧客支援だ。例えば、物理空間の状況をデジタル空間に再現する「デジタルツイン」を可能にしたり、ベテラン作業者の動きを記録しARコンテンツにして技能伝承を可能にしたりといった方法を提案する。