北越コーポレーションは、セルロースナノファイバー(CNF)によって強化したバルカナイズドファイバー(VF)に少量の炭素繊維を配合し、従来のVFと比べて約2割の軽量化に成功した(ニュースリリース)。同社はこの複合材料について、連結子会社の北越東洋ファイバー(本社静岡県沼津市)で量産技術を確立しており、現在は顧客のニーズに合わせたカスタマイズを進めている。

 VFは、ミクロンサイズのセルロース繊維をナノサイズのCNFで強化した複合材料。密に絡んだCNFが強靱(きょうじん)性を付与し、耐熱性や電気絶縁性にも優れるのが特徴という。さらに生分解性も持つことから、プラスチックの代替材料として期待できる。素材形状はシート状またはブロック状で、自動車部品や電子機器の部品・きょう体、建材への応用を見込める。

 同社は、CNFに炭素繊維を組み合わせた複合材料の開発を進めており、その一環で今回の複合材料を実現した(図)。VFに炭素繊維を少量配合することにより、加工のしやすさや強度を維持しつつ、周囲環境の変化に伴う伸縮を抑え、軽量化した。

図:CNFと炭素繊維を組み合わせた複合材料(左)と、バルカナイズドファイバー積層品(右)の加工例
(出所:北越コーポレーション)
[画像のクリックで拡大表示]

» 本記事の英訳はこちら