京セラは、滋賀野洲工場(滋賀県野洲市)で新工場棟(29号ビル)を建設する(図、ニュースリリース)。2019年4月3日に着工し、2020年4月から操業する計画だ。新棟では、自社向けの生産設備を開発・製作する。ロボットやAI(人工知能)を活用して生産設備を自動化するなど、生産技術の開発体制の強化を図る。

図:滋賀野洲工場29号ビルの完成予想図
(出所:京セラ)

 新棟には、大阪大東事業所(大阪府大東市)にある生産プロセス・設備の研究開発機能と、滋賀八日市工場(滋賀県東近江市)にある各工場・事業所に向けて生産設備を製作する機能をまとめる。これによって開発・製作スペースを約2倍に拡張し、開発の速度を高めるという。

 新棟は鉄骨4階建てで、建築面積は3849m2、延床面積は1万3305m2。投資額は約50億円とする。

 同社は現在、作業の効率化や品質改善、将来の人手不足への対応を目的として、AIやロボットなどの先端技術を用いた生産性向上に取り組む。併せて、生産プロセスの改革による原価低減を推進することで、高成長・高収益体質を目指している。この取り組みの一環として今回、新棟を建設する。今後もスマートファクトリーの実現に向け、先端技術を活用した生産設備を導入するなど、積極的に設備投資を続けるという。