SMBC日興証券とAI(人工知能)ベンチャーのHEROZは2019年3月25日、AIを使った個人向け投資情報サービス「AI株式ポートフォリオ診断」を発表した。AIを活用した個人向けの投資情報サービスとしては日本初という。PCやスマートフォンから情報収集や株式の取引をする「ダイレクトコース」の顧客向けに、3月29日より提供開始する。

左からSMBC日興証券の丸山真志ダイレクトチャネル事業部長と坂本昌史常務執行役員、HEROZの林隆弘代表取締役CEOと取締役CFOで経営企画部長の浅原大輔氏
[画像のクリックで拡大表示]

 AI株式ポートフォリオ診断は顧客の資金や保有株式、リスク許容度に合わせてAIが効率的なポートフォリオを診断したり、提案したりする。ディープラーニング(深層学習)技術を使って構築した株価予測AIによる期待収益性のスコア化も提供する。株価予測AIは国内株式上場銘柄の1カ月先の期待収益性を予測、スコア化する。

 AI株式ポートフォリオ診断開発の狙いについて、SMBC日興証券の坂本昌史常務執行役員は「ネット証券全体の課題である取引の活性化」を挙げる。ダイレクトコースを利用する約20万ユーザーに関する同社調査によると、リスク分散の観点から保有銘柄が多いほど評価益が高いにもかかわらず、約半数が1銘柄しか保有していない。AIによる提案をきっかけに新規ユーザーの獲得に加え、取引数の増加を見込む。