日本デジタル配信(JDS)は2019年3月25日、ケーブルテレビ事業者向けの多チャンネル配信サービスにおいて、同日から4K放送の配信サービスを開始したと発表した。

 今回追加となる4K放送チャンネルは、「ザ・シネマ 4K」「ショップチャンネル 4K」「4K QVC」「J SPORTS 1」「J SPORTS 2」「J SPORTS 3」「J SPORTS 4」。JDSのケーブルテレビ事業者向け多チャンネル配信サービスはこれまで、HDTV放送の89チャンネル、SDTV放送の84チャンネルを扱ってきた。今回、これに4K放送の7チャンネルを追加した。

 追加された4K放送の7チャンネルは、いずれもBS/CSの左旋波を利用した放送サービスであり、衛星放送を直接受信するには受信アンテナを右旋/左旋両対応品に交換するなどの対応が必要となる。ケーブルテレビ経由の場合、ケーブルテレビ事業者側が4Kチャンネルに対応すれば、ケーブルテレビ加入者はSTBを4K対応にすることで、こうした左旋波を利用する4K放送の番組を楽しめる環境となる。