プレスリリースなどの配信サービス「PR TIMES」を手掛けるPR TIMESとリコーは2019年3月25日、360度画像をプレスリリースのコンテンツに組み込めるサービスを始めたと発表した。

PR TIMESの山口拓己社長(左)と、リコーSmartVision事業本部の大谷渉事業本部長(右)
[画像のクリックで拡大表示]

 記者説明会に登壇したPR TIMESの山口拓己社長は「プロに頼らず、企業の広報担当者が簡単に360度画像をプレスリリースに組み込めるようにする。新店舗や施設のオープン、イベントレポートなどでの活用を見込んでいる。我々の想定外の利用法も出てくるとみている」と説明する。

 このサービスはPR TIMESを利用している企業向けに提供する。PR TIMESが顧客企業に向けて、360度画像などを撮影できるリコーの「RICOH THETA V」と三脚を無料でレンタルする。利用企業は撮影した360度画像をいったんリコーのクラウドサービス「THETA 360.biz」にアップロード。その後PR TIMESのプレスリリース配信サービスに取り込んで、画像をプレスリリースに反映できるようにした。

 360度画像をプレスリリースに組み込むには、PR TIMESの配信サービスとリコーのTHETA 360.bizの両方を利用することが前提になる。PR TIMESのサービス利用料金は1回の配信で3万円(税別)で、月額で8万円(同)になる。一方、リコーのサービス利用料金は月額5000円(税別)から。

 サービス提供に先立ってPR TIMESとリコーは業務提携し、サービスの連携を進めてきた。リコーSmartVision事業本部の大谷渉事業本部長は「THETA 360.bizのようなデータサービス事業の拡大は、当社にとっても大きな課題だ。提携を機に、世界で闘えるデータサービスや360度画像や映像の可能性を追求していきたい」と語る。

 今後はPR TIMESとリコーは共同で、PR TIMESやTHETA 360.bizの利用企業に向けて、一部のサービスを無料にする限定キャンペーンや広報担当者向けの勉強会を実施する。こうして販売促進を進めていく。