ソフトバンク・テクノロジーは2019年3月22日、同社の専門家が顧客企業のセキュリティーシステムを年中無休で運用・監視するサービス「マネージドセキュリティサービス(MSS)」の英語対応を同年4月1日に始めると発表した。既存の国内監視拠点に加え、海外にも監視拠点「グローバル監視センター」を新設する。海外に進出する日本企業の需要を狙う。

 顧客企業はセキュリティーインシデントが発生した際に直接英語で対応を受けられるようになる。海外に拠点を置くことで時差によるリードタイムの発生も防げるとしている。同社は、運用委託先が日本語対応のみで現地担当者とコミュニケーションが直接取れなかったり、時差により迅速な対応が取りにくかったりする問題があったとしている。

グローバル監視センターの対応イメージ
(出所:ソフトバンク・テクノロジー)
[画像のクリックで拡大表示]

 MMSは対象のデバイスやクラウドを監視して、不正アクセスを検知や攻撃通信の遮断、レポーティングするサービスなどを備える。脅威の検知にはAI(人工知能)を活用したログを分析することで検知精度を上げている。