仏ルノー・日産自動車・三菱自動車の3社は2019年3月20日、3社が販売する車両に向けたコネクテッドサービスの基盤「アライアンス インテリジェント クラウド」を立ち上げると発表した。米マイクロソフトのクラウドサービス「Azure」のソフトウエアを活用する。3社連合は新たに立ち上げたクラウド経由のサービスを2019年後半から提供する。

 3社が車両を販売する200超の市場ほぼすべてでコネクテッドサービスを提供できる基盤とする。車両状況の監視、コネクテッド型ナビゲーション、ソフトウエア更新などのサービスを集約する。車両から得られる膨大なデータを保持・管理・分析できる基盤によって利用者の体験の革新を目指す。コネクテッドサービスの最初の対象車種はルノーの新型「クリオ」と、日本と欧州で販売する日産の「リーフ」となる。

 3社はAzureを構成するソフトウエアを活用した独自のシステム基盤を設計・運用・所有する。マイクロソフトが開発したAzure上の自動車向けサービス群「コネクテッド・ビークル・プラットフォーム」も使う。マイクロソフトによれば同プラットフォームを大規模に利用する最初の事例になるという。