米ドロップボックス(Dropbox)の日本法人であるDropbox Japanは2019年3月20日、ユーザーのデータを日本でホストするDropbox環境を構築し、2019年夏から提供すると発表した。現在は日本のユーザーがDropboxに保存したデータは北米に保存されている。

日本でのホスティングについて説明するDropbox Japanの五十嵐光喜社長

 日本でのホスティングを開始するのは、日本で増えてきた企業ユーザーをサポートするため。Dropbox Japanの五十嵐光喜社長によると、日本のユーザーから最も多く寄せられていた要望が「日本国内にデータを保存してアクセスしたい」というものだったという。法人向けの商用ライセンスおよび教育用ライセンスのユーザーは、データの保存先を選べるようになる。個人向けの無償プランでは対応しない。

 データを日本に保存するよう設定しても追加の料金は発生しない。北米にデータを保存している既存ユーザーが日本にデータを移したい場合に向け、移行サービスを提供する予定だ。

 「日本の本社は日本、北米にある支社は北米にそれぞれデータを保存したい」といったケースでは、マルチチーム管理という機能を利用することで、管理者が日本と北米の両方のデータを一元的に管理できるとする。

 データホスティング環境を用意する拠点は、北米、ドイツに次いで3番目になるという。アマゾンウェブサービス(AWS)の東京リージョンにDropbox環境を構築する予定だ。