日本テレビ放送網とJTBは2019年3月19日、全国の中学校・高等学校・大学に向けた教育プログラム「CAS-DRP」(キャリアアクシスサポート-ドラマチックロールプレイ)を共同で開発したと発表した。「自分らしく主体的に考え、仲間とともに協働して成果を出す力」を養うとしている。

 JTBは、修学旅行や語学研修の旅行行事のほか、旅行行事の事前事後学習でのキャリア教育プログラムや、学校内でのキャリア教育プログラムを提供してきた実績を持つ。一方、日テレは、テレビ番組制作のノウハウを生かし、ポジティブ心理学やコーチング理論を合わせた学校教育用アクティブ・ラーニング教材を企画し、2018 年2月より提供している。今回、両社がこれまでそれぞれの事業分野で培ってきた実績やノウハウを基に、新たなキャリア教育プログラムを共同で開発した。

「CAS-DRP」実施のイメージ
(出所:日本テレビ放送網、JTB)
[画像のクリックで拡大表示]

 「CAS-DRP」では、ドラマ映像を視聴しながら、登場人物になりきって課題を解決するグループディスカッションを行う。4色のチップを使い、楽しみながら主体性・協調性を育むプログラムという。