ソフトバンクグループの携帯電話子会社のソフトバンクは2019年3月19日、健康経営の推進を目的に、2019年4月1日から全社員を対象に勤務間インターバル制度を導入すると発表した。加えて、2019年4月から段階的な禁煙を実施し、2020年4月に就業時間中を全面的に禁煙にする。

 「勤務間インターバル制度」では、社員の生活時間や睡眠時間を十分に確保するため、終業から次の始業までに10時間以上の連続した休息時間を取ることを全社員に義務付ける。なお、緊急の対応が求められる業務や、時差がある海外の企業との電話会議など、やむを得ないケースと上長が認めた場合は例外となる。

 受動喫煙の防止に加え喫煙率を下げる目的で、就業時間中の禁煙も段階的に実施する。まず、2019年4月から毎月の最終金曜日に当たる「プレミアムフライデー」の就業時間中の喫煙を禁止する。次に、2019年10月からプレミアムフライデーに加え、毎週水曜日の「定時退社Day」の就業時間中の喫煙を禁止する。2020年4月からは就業時間中を全面的に禁煙にする。全国の事業所内の喫煙所についても、2020年度中に計画する本社の移転を機に、2020年10月をめどに撤廃する。